琉球丼

大分でのおすすめグルメの一つに「琉球丼」という名前の丼飯があることを知りました。

料理の名前に琉球という昔の沖縄の名前が付いているものが、どうして大分にあるのかも気になりましたが、まずはこの琉球丼を食べてみないことには始まりません。

JR大分駅の駅ナカにあるグルメ横丁に、特選丼ぶりとして「琉球丼」を掲示しているレストランがあったので、入ってみました。

出てきた料理は、マグロ、アジなどの海鮮魚の切り身と、半熟の卵、のり、わさび等などに、特製のタレをかけた、沖縄で言う「マグロ丼」に近いもので、とても美味しくいただくことができました。

琉球という名前がついているのには2つの説があるそうです。

一つは、その昔、大分の漁師が、沖縄(琉球)の漁師に教えてもらった料理なので、琉球丼という名前がつけられたという説

もう一つは、うらしまたろうが訪れた竜宮城の「竜宮」が変化して、「りゅうきゅう」になったという説。竜宮城での贅沢で美味しい料理という意味だったということです。

どちらにしても、大分に行ったなら、ぜひ「琉球丼」食べてみてください。