首里市のロゴ

ミサンガ販売店の事務所がある場所は、沖縄県那覇市首里金城町です。昨年火災で燃えてしまった首里城の近くにあります。首里城を中心とした場所を首里「しゅり」と呼んでいます。

実はこの首里と呼ばれているエリアは、昔は首里市という行政区でした。1954年9月1日 首里市と小禄村が那覇市に編入合併され、今は那覇市となっています。

かつて首里市の市役所があった場所に、現在では首里公民館・市立図書館があります。ここに、当時首里市だった頃の首里市のロゴマークが飾られています。

何をデザインしたロゴマークかわかりますか?

カタカナの「ユ」が4ヶ所、中心部に「リ」の文字があります。

4つのユ + リ で「シュリ」を表現したようです。

なんともまあ、オヤジギャクのようなロゴマークですが、当時はそういった、当て字のようなロゴマークが一般的な時代だったんでしょうね?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする