慰霊の日・沖縄

今日6月23日は慰霊の日です。

梅雨が明けて夏空が続いている沖縄ですが、71年前のこの日に、沖縄では太平洋戦争の組織的な戦闘が終決したということです。

地元の新聞「沖縄タイムス」

地元の新聞「沖縄タイムス」

1945年6月23日に沖縄戦の組織的戦闘が終結したことにちなんで、琉球政府及び沖縄県が定めた記念日である。復帰前は、住民の祝祭日に関する立法(1961年立法第85号)に基づく公休日とされた。

1972年の本土復帰後は日本の法律が適用となり、慰霊の日は休日としての法的根拠を失ったが、1991年に沖縄県の自治体が休日条例で慰霊の日を休日と定めた[2]ことによって再び正式な休日となった。そのため、国の機関以外の役所・学校等は休みになる。

毎年、この日には糸満市摩文仁の平和祈念公園で沖縄全戦没者追悼式が行なわれる。

出典:ウィキペディア

沖縄県庁等、沖縄県の関連施設や、沖縄県内の小・中・高校もお休みです。

慰霊の日の沖縄県庁

慰霊の日の沖縄県庁

小学校に通っている娘も、今日は学校、お休みです。
この時期に合わせるように、沖縄のメディアも戦争のことを取り上げ、小学校でも少しは学習しているようです。

ミサンガ販売店は、首里城の近くに事務所があります。首里城の地下の壕には戦争の時に日本軍の司令部があり、今もその司令部に続く穴が、首里城のすぐ脇にあります。

今日は平和について考えて見たいと思います。

空

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする