ガパオ(ハーブの一種)

はいさい

「ガパオ・ライス」って聞いたことありますか?

タイの庶民の料理の一つで、ひき肉とハーブを炒めたものを、ご飯の上にかけた料理です。
最近日本でも流行っていますね。

ガパオとはタイ語で「กระเพรา」で、バジルの一種です。

この「ガバオ」が我が家の庭に自生しています。

ガパオ

このガパオ、時々手入れをしないと、それ以上育たなくなります。

花がついて、種ができると、そこはもう成長しなくなるのです。ですから、花がついて種を作る前に摘んでしまう必要があります。
花の部分を切り取られたハーブは、下部の茎から新しい芽が出てきますので、だんだん大きくなるというわけです。

花がさき、種ができる前に花の部分を根本から切り取ります。

先端の花の部分を切り取り、さっぱりしたガパオ。1~2週間に1度位の割合で、花を摘んでいます。

花の部分を切り取り、さっぱりしたガパオ

庭の手入れをしていると、意外なところに、小さなガパオを発見します。

いつの間にか子供ができていたガパオ

我が家では、本場と何ら変わらない味の「ガパオ・ライス」を頂いております。

タイ料理の「ガパオ・ライス」

ミサンガ屋の次は、ガパオ屋でも始めましょうかね?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする