ミサンガの色組合せ:補色色相配色:紺色+黄色

色の勉強をしていると、12色、もしくは24色の色が円形に並べられている、色相関という図を良く目にすると思います。

色相関図

色相関図

補色という色の組合せは、この色相関で向かい合う2色の色の組合せとなります。

補色にはどういう効果があるのサイトを調べてみました。

補色色相配色は、色相環上で向かい合う2色の組み合わせです。例えば、青と橙、赤と緑などがあります。
この配色では、はっきりとしたコントラストが生まれます。ですから、何かを目立たせたい場合に使うと良いでしょう。一方の色を背景として、もう一方の色をアクセントとして使うのが理想です。または、ここで明色と暗色を活用することもできます。明度の高い青と明度の低い橙の対比は、その一例です

http://www.lifehacker.jp/2014/08/140817color.html

補色色相配色は、シュヴルールや、ムーン-スペンサーの色彩調和論でも、調和する配色に分類されています。ビビッドなトーンを用いると、よく目立ち、また明快で活動的な印象となりますので、サイン類や看板、スポーツ用品などに用いられます。
http://colorterms.kisochishiki.com/coordination/complementary.html

良く目立つ、活動的な印象を与える色の組合せのようです。
今回は、捕食関係にある、黄色と紺色の色組合せを使ってみます。

補色関係にある紺色・黄色

補色関係にある紺色・黄色

先日、「マイセンブルーの気品」という色組合せに白色を足した時に、白色を加えると、コントラストを引き出す事ができるということでしたので、今回、この補色の色組み合わせである、紺色・黄色に白色を追加して、この3色で斜め模様のミサンガを作ってみました。


材料

DMC NO.158 90cm x 2本
DMC NO.973 90cm x 2本
DMC BLANC 90cm x 2本

補色_紺色黄色

補色_紺色黄色_全体

補色の色配列に白色を加える事で、さらにコントラストが引き立つように感じるミサンガとなりました。

補色_紺色黄色_misanga