定形外料金の値上げでミサンガ販売店の送料計算システム改修

2017年6月1日から、一部の郵便料金が値上げされる予定です。
宅急便業界では人手不足にもかかわらず、通販の取引が増えて、配達が間に合わないために、配送料をあげるようですが、郵便料金については、事情が少し違うようです。

今回の値上げのメインは、葉書が52円から62円への価格改定です。
Eメール、SNSの普及により、葉書の量が減少し、採算が悪化しているのが原因のようです。

葉書の値上げについては、ミサンガ販売店ではハガキを出すことは無いので、影響は無いのですが、今回、定形外郵便物の料金に変更がでました。

これまで、定形外では、大きさの制限は、3辺の合計が60cm以内という決まりしかありませんでしたが、今回、定型外郵便物に、規定内、と規定外という2つの区分ができました。

規定内に収まるサイズは、長辺34cm 短辺25cm 厚さ3cm 以内です。

規定内であれば、料金に変更は無いのですが、規定内に収まらず、規定外となる場合、これまで 50g以内 120円であった料金が、200円へと大幅にアップします。

ミサンガ販売店て重視しなければならないのは、厚さ3cm の制限です。
バングル、ブレスレットなどで硬い素材で作られた商品において、サイズが 3cm 以上になる商品がいくつかあります。

6月1日からの値上げに対応するために、送料計算のプログラムに見直しをしなければなりません。

なぜ 3cm なのかと、考えてみた所、郵便受けの入口のサイズに関係するのではと思います。
郵便物の厚みが 3cm をこえると、郵便受けに入らない可能性もあるため、受取人に直接渡すか、「郵便受けに入らないにもつがありますので、郵便局に取りに来てください」という、メモを残す必要があり、手間暇がかかるからだと思います。

郵便料金値上げ2

郵便料金値上げを伝える案内(定形外の料金一覧)

郵便料金値上げを伝える案内(定形外の料金一覧)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする